センサーサイズ各種比較

センサーサイズ比較元
アスペクト比
総画素数 万画素
←→
センサーサイズ比較先
アスペクト比
総画素数 万画素



サイズ比較
比較元センサーサイズmm xmm =mm2←→ 比較先センサーサイズmm xmm =mm2
比較元画素ピッチμm 比較先画素ピッチμm
比較元画素面積μm2 比較先画素面積μm2


比率比較
比較元サイズ比% x% =%←→ 比較先サイズ比% x% =%
比較元画素ピッチ比% 比較先画素ピッチ比%
比較元画素面積比% 比較先画素面積比%

2つのセンサーの各種サイズ(センサーのサイズ(縦、横、面積)、画素のサイズ(ピッチ、面積))を比較し、お互いの割合を算出します。
例えばOLYMPUS STYLUS XZ-2とSONY DSC-RX100のセンサーのサイズを入力※して計算をクリックすると、それぞれのサイズを計算します。
また、その時のXZ-2がRX100に対してどの程度の割合になるのか、その逆にRX100がXZ-2に対してどの程度の割合になるのかを計算します。
※初期入力値
計算すると、XZ-2に比べてRX100はセンサー面積が約2.8倍となり、倍以上大きいことが分かります。
それに対し、画素ピッチは約1.3倍、画素面積は1.7倍程度とセンサー面積の差ほど大きくないことが分かります。

計算にはどうしても誤差が出ます。そのため真の値からずれた値が出ますが、設定上避けることが出来ないためご了承ください。
また、画素面積はCCD,CMOS,裏面照射センサーや世代(プロセスルール)などの構造上の問題から、計算結果と実際の値はかなり異なります。そのため、あくまでも参考程度としてください。
例えば、DSC-RX100が通常のCMOSセンサーに対し、XZ-2は裏面照射CMOSセンサーのため、実際の有効面積はXZ-2が有利となり、計算結果の約1.7倍よりその差は縮まります。

計算優先でインタフェースや結果の表示が見にくいかもしれませんが、ご了承ください。


おまけ
センサーサイズ比較表

コメントのないフィギュアレビューサイトのトップページへ戻る