記事一覧

トップ

グリフォンエンタープライズ 風見幽香 傾き補正

100円ショップで水平器を購入したので、カメラの傾きを補正しながら、風見幽香の写真を撮り直しました。
手作りのグレーカードのテストも兼ねて、再びK10DでのRAW撮りです。
ただ、カメラをどんなに水平にしても、元々傾いている本体の傾きは補正できませんが・・・

風見幽香

ちなみに、かなり昔に購入した上海問屋のオリジナル2GBが意外に優秀で、K10DならRAW+JPEG(最高画質)でも、2秒インターバルは余裕でした。
また、去年購入したTranscendの標準2GBも意外に優秀で、2秒インターバルなら、RAW+JPEG(最高画質)もギリギリですが問題有りませんでした。
意外だったのが、上海問屋のオリジナル2GBよりさらに古いADATAの1GBタイプ。
上海問屋のオリジナル2GBより遅い物の、Transcendの標準2GBよりも早い結果に!!

なお、K100D Superは元々の速度が遅いらしく、いずれも2秒インターバルはNG、おそらく5秒インターバル位にしないと間に合わないと思われます。
もっと高速なSDを用意しても、元の速度が遅いので無理な感じです。

アルター、メギドの丘で、バディ、グッドスマイル、化物語、戦場ヶ原ひたぎ

アルターの、君が呼ぶ、メギドの丘で、バディと、グッドスマイルカンパニーの、化物語、戦場ヶ原ひたぎのレビュー(?)を追加しました。

バディ
戦場ヶ原ひたぎ

グリフォンエンタープライズ 向坂環と久寿川ささら 下着Ver.

グリフォンエンタープライズ製PVC塗装済み完成品フィギュア、To Heart2 XRATEDの向坂環 下着Ver.と、久寿川ささら 下着Ver.のレビュー(?)をそれぞれアップロードしました。

レビューは以下から。
向坂環 下着Ver.
久寿川ささら 下着Ver.

向坂環の方は即時完売だけ有って、出来は良いですよ。
造りはグリフォンエンタープライズですが。

十六夜咲夜のリンク修正

十六夜咲夜のブラック第2戦闘モード(当サイトでの通称)のリンク先が間違っていたためリンク切れになっていたのを修正しました。
アクセスログを見たところエラーが発生していたため、確認したら、手打ちで修正した部分に打ち間違いがあり、リンク先が存在しない場所になり、エラーになっていました。
見に来て下さった方には大変申し訳ありませんでした。

今後の予定

グレースケールカードの導入
傾き補償
K100D SuperによるRAW撮影
撮影場所のホコリ対策
写真撮影を動画撮影へ変更の検討
カメラ機種毎のテスト撮影
絞りによる写りの変化
レンズ画角による写りの変化
ISO感度による画質の変化および発色の変化
レビューアップ速度の改善
RAW現像ソフト導入
HDR撮影
撮影角度の手動調整
各種実験等々・・・

RAW撮りテストについて

グリフォンエンタープライズの風見幽香をRAWで撮影して現像した物に入れ替えましたが、どうでしょうか?
直JPEG撮りよりは良くなった気がします。

ただ、回転台を使った2秒インターバル撮影は、K100D Superの記録速度では撮影スピードに追いつけず。
そのため、今回のRAW撮りはK10Dを使いました。
ただし、K10Dでも、RAW+JPEGではややスピードが足らず、今回はRAWのみ撮りとなりました。
高速なSDカードを使えばK100D Superでも2秒インターバルで撮影できるかも知れませんが、確証が持てないので、悩ましい所です。

カメラですが、本体自体が約2度ほど傾いていますが、補正する手段が無いので、このままにしておきます。
また、2度補正しても、正面から見て右側にやや傾いています。
これは、台自体が歪んでいるのと、全体重を一カ所で支えているのと、更に穴がやや大きめのためきちんと固定されないためです。
そして、傘を持った方とバランスを取るため、重心がやや右よりの幽香さんは、その為にやや右寄りに傾いています。

これら各種問題については、安価に解決できる手段が見つかれば対応したいと思います。
基本的に、個人的なフィギュア写真倉庫の延長線上にある当サイトでは、無用な投資は避けたいと考えていますので、あまり期待しないで下さい。

グリフォンエンタープライズ 風見幽香

グリフォンエンタープライズ製東方Projectの風見幽香、塗装済み完成品フィギュアのレビュー(?)をアップしました。
やや斜めっているのは、台と幽香の接合部の仕様による物です(泣)
しかし、K100D Superが幽香の服のチェック柄との相性が良いのか悪いのか、回転している間ずっと合焦を知らせる音がピピッ、ピピッ、ピピッ、と鳴り続ける・・・
合焦マークが出るとタイマーのシャッタータイミングがずれるので、綺麗に等角度で写真が撮れないので、勘弁して欲しいのだが・・・
取扱説明書見たら、音は止められるけど、合焦自体を止める手だてがないのね・・・
K10Dでは出来るのだが。

それと、ディスプレイ回転台Dorisは加えた電圧と、その時点のモーター内の抵抗によって発生する電力により回転速度が決まるので、同じ電圧でもその時々でスピードが変化する。
時間を掛けて電圧を微調整すれば調整した直後は希望の速度で回転させる事が出来るけど、それでは時間かかりすぎるので、これは諦めます。

写真は以下から
http://lzx.jp/ht/touhou/yuuka1.html

マクロレンズ×2本

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGとTAMRON 90mm F2.8 Di MACRO(MODEL 272E)を購入してます。
こんな事になるなんて思っていませんでしたから、震災前に注文・・・
震災が有れば、購入していなかったんですが。
残念ながら、フィギュア撮影用に使う予定はないんですけどね。

ひとまず、人間の方は無事

東日本大震災の影響は若干有ったモノの、離れていたおかげで被害は特に有りませんでした。
ただ、その後起きた長野県北部地震の影響により、フィギュア台を固定していた器具が損傷しフィギュアが台から落下、結果数体が損傷しました。

特にひどいのが初音ミク。
ツインテールの根本から千切れる大損傷が2体も。
やはりあの巨大ツインテールは鬼門だったか・・・

アルター フェイト・T・ハラオウン 真・ソニックフォーム

アルター フェイト・T・ハラオウン 真・ソニックフォームの再販版を購入しました。
箱が大きいので、部屋を片付けるまで端の方に置いておいたのですが、片付けで場所が空いたので開ける事に。

一言。
デケーよ!!
間違いなく、同社同作の高町なのは エクシードモードより設置面積が大きいよ!!
ライオットザンバーが、45cm幅の棚からはみ出してます。
なのはエクシードモードははみ出てないから、確実にフェイトの方が奥行きがある。
よくよく調べたら、ライオットザンバーだけで56cmも有るのか・・・
斜めに置いてあるから、実際の奥行きはこれより短いんだろうけど、それでも十分長いです。
また、アルター自慢の巨大サイズだけあって、ライオットザンバーと地面の間に結構スペースが空くため、ちょっとしたスケールフィギュアが置けてしまう。
ライオットザンバーを支える棒の台ですら、数年前の1/8スケールフィギュアの台と同じぐらい有るしなぁ・・・

しかし、フィギュアを保護している透明なブリスターって言うやつですか?
毎度ながらこのシリーズのブリスターは、有る意味芸術作品です。
これはこれで十分作品になりそうな位、よく考えられていて出来が良い。
ここまで保護するか?って位。
その分、開封する方は大変な手間ですけどね。

で、このサイズは大きすぎます。
お手製撮影台に確実に乗らないサイズ。
まあ、無理に載せれば乗らない訳じゃないけど、今度は回らないし、回さなくても奥行きがありすぎてどうやって写真取る?っていう感じです。

profile

contents

links

archive