記事一覧

トップ

アトリエ彩 ティンクルセイバーNOVA ティンクルセイバー レビュー

アトリエ彩 ティンクルセイバーNOVA ティンクルセイバーのレビュー(?)を公開しました。

ティンクルセイバー

損傷箇所:背面のリボン、正面から見て左側が付け根から取れる。

※正面から見て右に大きく傾向いているのは、経年劣化による物です。

マックスファクトリー製 幻燐の姫将軍2 イリーナ・マーシルン レビュー

マックスファクトリー製 幻燐の姫将軍2 イリーナ・マーシルンのレビュー(?)を追加しました。

イリーナ・マーシルン

損傷箇所:ボディと両羽の付け根の接続部品割れ

コトブキヤ製 蒼い海のトリスティア ナノカ・フランカ レビュー

コトブキヤ製 蒼い海のトリスティア ナノカ・フランカのレビュー(?)を追加しました。

ナノカ・フランカ

損傷箇所:リボン付きハンマーのヘッド付け根部分

海洋堂製 BOMEコレクション No.19 鬼畜王ランス 山本 五十六 レビュー

海洋堂製BOMEコレクション No.19 鬼畜王ランス 山本 五十六 レビュー(?)を追加しました。

山本五十六

損傷箇所:台座とフィギュアを繋ぐための凸破損

ダイキ工業製 To Heart2 XRATED 向坂環 ツン顔Ver. レビュー

ダイキ工業製 To Heart2 XRATED 向坂環 ツン顔Ver.のレビュー(?)を追加しました。

向坂環 ツン顔Ver.

損傷箇所:台座の固定用金具はめ込み部

フィギュア修復作業

先の震災およびその後の余震によって、棚から落ちたフィギュアの修復作業を行いました。
再塗装などの技術はないので、基本的には壊れた部分を瞬間接着剤でくっつけるだけの作業です。
しかし、100円ショップ購入した瞬間接着剤がいつまで待ってもくっつかない・・・
一応日本製の商品を選んだつもりだったんですが、こんな物なんでしょうか?
以前購入した紫外線で硬化するタイプは、高い代わりに確実に硬化してくれたが、購入したくても既に販売終了している。

なお、修復したフィギュアについては写真撮影済みなので、順次公開します。

アルター ディズィー フルサイズ画像追加

フィギュア棚整理のため、本日分の撮影/アップロードは無し。

昨日アップロードした、アルターのディズィーが出来が良すぎなので、フルサイズ版を特別公開します。
サイズが大きいので、サーバの負荷が大きいため、状況を見て消すかもしれません。

ディズィー フルサイズ版

遠近感を出すため、ボケさせるために開放絞りで撮影。
ややソフトフォーカスっぽくなっています。
1段絞るだけで消えますが、ボケを優先したため、あえて開放絞りのほうを公開します。

*ist DS2購入と、キットレンズsmc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL

安価で*ist DS2が出ていたので、レンズ付けっぱなし用にと、購入してしまいました・・・
K100D Superのレンズキットに付属していたキットレンズをずっと放置していたので、試しに撮影してみました。
中古なら5000円でおつりが出るような価格で販売されているのと、ズームレンズだと言う事もあって、写りはそれなりだろうと思っていました。
が、それは大きな間違い。
この価格帯でこの写りは、想像以上です。
ネットを調べると、キットレンズにしては写りが良いとか、価格より高性能とか言われていましたが、確かに言われているように、納得できる写りです。
ただし、安価なキットレンズだなと思わせるのは、ピントリングの動きがややぎこちない事。
オートフォーカスで使えばなんて事はないのかもしれませんが、マニュアルフォーカスで微調整したい時に引っかかりが有るのは、やはりコストの問題で、しっかりした部品が使えなかったんだろうなと思う所。
確かに、写りはしっかりした単焦点レンズには敵いません。
それでも、この価格でズーム付き、しかも下手なレンズより被写体に寄れるというのにこの写りなら、文句は言えないでしょう。

試しに、グリフォンエンタープライズの八雲紫を映してみました。
ちなみに、本体は購入したばかりの*ist DS2です。

ファイル 38-1.jpg

アルターのGUILTY GEAR XX ΛCORE ディズィー レビューアップ

アルターのGUILTY GEAR XX ΛCORE ディズィーのレビュー(?)をアップしました。

ディズィー

しかし、相変わらずアルターの出来はすごいですね。
これが、グリフォンエンタープライズのフランドール 紅剣Ver.に500円足すだけで買えるんですから。
1/8スケールだけど、1/7スケールのフランドールより空間占有率は確実に大きいです。
っていうかグリフォン、ぼったくり過ぎだろ!!

なお、ブリスターを固定している針金がギチギチに閉まっていたため、素手で開封できなかった。
フィギュアを取り出すために、ペンチを使う羽目になったのは、初めてです。
まあ、しっかり固定してあるという意味においては、某社も見習って欲しいところです。

グリフォンエンタープライズ製 フランドール・スカーレット 紅剣Ver.のレビューをアップ

グリフォンエンタープライズ製 フランドール・スカーレット 紅剣Ver.のレビュー(?)をアップしました。

フランドール・スカーレット 紅剣Ver.

グリフォンエンタープライズにしては珍しく、パッケージの開封口にセロハンテープが・・・
このメーカー、過去にテープ止めだった事、1度も無いのに。
おや、ブリスターにもセロハンテープが。
しかし、何で一カ所だけ?

ん?
オプションのコンパチパーツの方が標準で取り付けられてる?
どっちがコンパチパーツなんだか・・・

パーツとパーツの色写りを防ぐビニールが、コトブキヤとかがパーツをくるむのに好んで使う接着性のある奴で、張り付いて抜けない・・・
ここに粘着性のある奴を使う必要があるのか?
っていうか、粘着性の有るビニール、グリフォンエンタープライズが使っているの初めて見たよ。
使い所間違っているけど。

なんか、台座の魔法陣が、印刷直後の乾いていない状態でこすったかのように、かすれてるし、中国人の指紋らしき物も・・・
しかも、開封したばかりなのに、全体的にホコリっぽいのはなぜ?
このメーカーの品質管理って、どうなってるんでしょうか?

毎度の事ながら、帽子の位置が定まらない・・・

フィギュア自体の出来は悪くないだけに、非常に残念です。

profile

contents

links

archive