記事一覧

トップ

レンズによる写りの変化

レンズによる写りの違いを見るページを追加しました。

50mm
35mm

若干ピントが合っていない写真もありますが、同じ焦点距離の場合には基本的には同じぐらいの大きさ及び明るさになるように調整はしていますが、所詮素人による調整ですので、バラツキがあることはご了承下さい。

使用したレンズは、
smc PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
smc PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II
smc PENTAX FA 35mm F2AL
smc PENTAX M 50mm F1.4
SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC
になります。

色合いについては、ペンタックスが全てのレンズで同じ色合いになるように調整していると言うだけ有って、全体的に似たような色の出方になっています。
ただ、DAとFAとMという、時代が異なるレンズ同士だと硝材やコーティング等の違いもあって、微妙に異なるようです。
対してシグマは、ペンタックスと比べると暖色系に感じられます。

写りは、腐っても単焦点、非常に綺麗に写ります。
PENTAX M 50mmは現在の光学系と異なり設計が古く、またフィルムを想定しているため、周辺などがやや甘いかなという感じは見られます。
PENTAX FA 35mmも光学系がフィルムを想定して設計されているので、周辺部が僅かに甘いような気がします。
また、単焦点2つでは若干ですが、周辺に倍率色収差っぽい色が発生しています。

キットレンズのPENTAX DA 18-55mmは、超格安キットレンズなので写りはそれなりと思っていましたが、大間違い。
開放F値が大きく暗いけど、写りは下手なレンズより写りが良いです!!
デジタル専用設計のため、周辺部までしっかり写っています。
また、単焦点レンズですら若干見られた倍率色収差が、素人目には確認できないレベルでした。
また、ALとAL II(WR)はいずれも35mmのとき歪曲が最小になるようです。
F値が大きいので、ボケを大きくしたい、被写界深度を浅くしたいと言う用途には向きませんが、F8位まで絞る気なら、下手な単焦点よりよほど良い描写を見せてくれます。

で、問題なのがSIGMA。
色合いは仕方がないとして、35mm、50mmいずれでも倍率色収差が目立ちます。
また、焦点距離が微妙。
ズーム最大(50mm)でも他のレンズよりも広角気味。
また、レンズに印刷してある焦点距離を目安に35mmに調整したら、画角は他のレンズよりもやはり広角気味なのですが、EXIFに記録された焦点距離はなぜか40mm。
撮影後に気づいたので、取り直す気は出ませんでいたが、じゃあどの位置が35mmで記録されるのか、K10Dのinfoを見ながら調整したらなぜか35mmの位置より望遠寄り。
・・・?
35mmに合わせると40mmで、37mm位に合わせると35mmになるって、もしかして壊れてる?
また、倍率色収差が酷すぎると言うことで、常用レンズ用に取り付けていたMCフィルタが原因かも知れないと言うことで、試しに外してみました。
結果は僅かに好転した物の、倍率色収差にそれほど変化は見られませんでした。
これが仮にもEX名を冠しているレンズの性能とは思えないので、上記の焦点距離記録が変な件も含めて、故障してるのかな?

今回の実験で分かったのは、キットレンズが値段以上の超高性能だったことと、国内メーカー製のMCフィルタであっても余計な物が1枚でも増えると光学性能が確実に悪くなると言う事です。
ボケとかマクロを気にしないのであれば、キットレンズは良い選択肢になると思います。
キットレンズはズーム全域で25cmと結構寄れますし、また中古でALなら3,000円以下、AL IIでも5,000円以下で購入できます。
防塵、防滴が必要なら簡易的な物ですがWRが中古で10,000円弱です。
価格も安いので、常用レンズとして壊しても懐はあまり痛まないですし。
確かに、値段が10倍以上も高い高性能レンズに比べたら劣るんでしょうけど、素人目には分かりません。

購入するなら、レンズ枚数が少なくより高性能で設計の新しいAL IIをお勧めします。
問題は、高性能なのに安すぎるため、出た瞬間に売り切れることですが・・・

CANON 32 FORMAT(NEC)

キャリア周波数
38kHz(±2kHz)

HL比
1:2(1:3でも可)

データ数
16-8-8

HEADER
H:9.0ms
L:4.5ms

DATA 0
H:0.5ms
L:0.5ms

DATA 1
H:0.5ms
L:1.6ms

END
H:0.5ms

FREAM
108.0ms

REPEAT
H:9.0ms
L:2.3ms
H:0.5ms

信号(LSB First)
シャッター:CA B1 1F E0
ワイド:CA B1 43 BC
テレ:CA B1 42 BD

例:AA AA AA 55
_■■■■■■■■■_____■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■_■___■___■_■___■_■___■_■___■_■__________________________________________________________■■■■■■■■■_____■_

※超概略です。

CANON 1 FORMAT

キャリア周波数
32.5kHz(±1.5kHz)

HL比
1:1(1:2でも可)

データ数
1

Data H 0.5ms
0 L 5.0ms

Data H 0.5ms
1 L 7.0ms

END H 0.5ms

信号
Shuter1:1
Shuter2:0

_■______________■_

※超概略です。

PENTAX R FORMAT詳細追加

キャリア周波数
37.917kHz±5%
ただし、受光素子の特性上±2kHz程度なら問題なし。

HL比
標準は1:2
パワーを上げたい、電池の持ちを良くしたい場合は1:3にする。
ただしパワーを上げる場合は、ハード自体を改修する必要有り。

H区間
実際はXmsより若干長い。
L区間
実際はYmsより若干短い。
合計時間
長い部分と短い部分が打ち消し合うので、ほぼZmsになる。(実際には若干長い)
1msを生成するには、37.917パルス必要だが、小数点なパルスを作る事は不可能なので、38パルスで対応する。
ただし、キャリアのHL比のL分を考慮すると、37.333パルス相当となり、1msより若干短くなる。
そのため、1パルス分増やして、39パルスにすると、38.333パルス相当となり、基準の1msより長くなる。
残りのL区間はH区間で既に39パルス使っているので、残りの37パルスとする。
そうすると、HL比のL区間を考慮すると、37.667パルス相当となり、1msより若干短くなる。
合計は76パルスとなり、2msの75.833パルスより若干長いため、2msよりわずかに長くなる。
3msのL区間の場合、37+38+38+0.667=113.667パルス相当となり、これを基準の37.917パルスで割ると、2.998msとなるため3msよりやはり若干短かい。
※実際は和の2ms(4ms)、76パルス(153パルス)を基準に設計する。

REPEAT
バルブ撮影用なので、用途によっては無くても良い。
1パルスしか送信しないのは、電池寿命を考慮しての物。

備考
6Bit分有るので、理論上は64通りの操作が可能なはずだが、実際のカメラに機能が盛り込まれているかは不明。

マイコンについて
旧来の455kHzのマイコンを想定して信号が設計されているため、455kHzのマイコンを利用した時に最も再現性が高いです。
たとえば、キャリア周波数の37.917kHzというのは、455kHzを12分周した時の周波数です。
ただし、現状そのようなマイコンはまともに手に入らない上、命令数が少ない特殊なアセンブラなので設計が難しいく、使用しない方がよいです。
また、プログラムをワンタイム(1回書き込んだら二度と書き換えられない、一発勝負)に書き込むか、非常に高価なマスクロムの設計が必要+最低数量製造必須なので、個人での利用は事実上不可能です。
※自分の職場で扱っていたマスクロム&ワンタイムは、生産中の既存品のみ対応で、新規設計(新規顧客)不可となりましたので、この手のマイコンを使っての新規開発は事実上不可能になっています。
一般向けなら、Microchip社のPICマイコンが有りますが、こいつはRISCマイコンのくせに割と処理が遅いので、取り扱いには注意が必要です。
なので、再現性を高くしたい場合は、高クロックなPICを使うか、もっと高速なマイコンを使う事が望ましいです。
個人的には、開発ツールが無償で公開されていて、基本的なデバイスインタフェースを自動で設計し、Cコンパイラが無償で利用できるルネサス(旧NECエレ)の78Kシリーズが初心者向けだと思うんですが、ただマイコンとしての機能はPICに劣るうえ、日本独特の流通ルートにより入手性が劇的に悪いのと、購入できても同クラスのPICの倍以上という価格がネックです。
また、アーキテクチャがCISCなので、PIC感覚でプログラムを組むと、PICの倍以上の巨大なプログラムコードを生成するため、マイコンにプログラミングできなくなります。

信号の方は実際には、素子のズレを考慮して設計するため、送信時5%、受信側では1/3程度の誤差を許容するのが普通です。
メーカーによっては、独自の技術で送信誤差を減らしたり、受信誤差の許容範囲を広げているところもあるようです。
個人で利用するなら、結構ずれていても動作しますので、かなり適当に作っても問題なく動作すると思います。

今後の予定についての現状報告①

1.グレースケールカードの導入
→Pro9500MkIIで印刷した手作りのグレーカード導入
 銀一のシルクグレーカードより若干暗めですが、簡易測定でスペクトルは銀一と遜色ない事を確認済み。

2.傾き補償
→100円ショップレベルですが、水平器を導入しました。
 ただし、コンマ数度レベルの傾きは補正しきれません。

3.K100D SuperによるRAW撮影
→回転速度を落とし、インターバルタイマーを伸ばせば対応可能。
 結果、*ist DS2でもRAW撮り対応可能。

4.撮影場所のホコリ対策
→撮影場所を陽圧気味にし、外部からのホコリを入りにくくしました。
 また、また強制排気を行う事で中に入ったホコリを素早く排出できるようにしました。
 が、空気の流れによりスキマから入って来て出て行かない・・・

5.写真撮影を動画撮影へ変更の検討
→各種検討を行った結果、動画撮影への切替は行わないと言う結論に達しました。
理由
 現状のHTMLにまともな動画用タグがない。
 撮影形式によって、再生環境が絞られてしまう。
 汎用形式への変換は、RAW現像以上に時間がかかる。
 画質の悪化。
 ファイルサイズの肥大化。
 矮小CCDによる、ダイナミックレンジの低下。
 詳細なホワイトバランスが取れない。
 現状1920×1080が最大のため、オリジナル画像解像度が小さくなる。
 ニコニコ動画やYouTubeへのアップロードは、より画質の悪化を招く。
 ニコニコ動画は会員登録が必須。
 YouTubeはサーバが重く、快適に見ることができない。
 そして、最大の理由は、動画による1回転撮影は別のレビューサイトが既に実施している。

6.カメラ機種毎のテスト撮影
→簡単なレベルでは実施済み

7.絞りによる写りの変化
→未実施、出来るだけ早めに実施したい。

8.レンズ画角による写りの変化
→未実施、写り込むフィギュアのサイズの調整がかなり面倒なので、あまり乗り気じゃないのが本音。

9.ISO感度による画質の変化および発色の変化
→一部機種のみ実施、比較的早い内に対応可能な機種を一通りそろえる予定。

10.レビューアップ速度の改善
→何ともならないのが現状です。

11.RAW現像ソフト導入
→現状PENTAX K10D付属ソフトで対応している物の、より画質が向上するソフトが有れば、価格次第では導入したいなと言う希望はある。
 問題は、現像ソフトの価格が比較的新しい中古のデジタル一眼レフ本体より高いと言うこと・・・
 比較的安価なソフトでも、K100D Superのレンズキットが買えます。

12.HDR撮影
→元々JPEGは8Bit256階調しかないので、そこに情報を詰め込むHDRが記録写真として正しいか、実験してから検討が必要。

13.撮影角度の手動調整
→ソフト屋なので、機械的にどうやって実現すればいいか思いつきません!!

といった感じです。

ISO感度撮影テスト

ISO感度の変化による、写りの変化のテストを乗せました。
まずは、PENTAX *ist DS2とRICOH Caplio GX8の2機種です。

PENTAX *ist DS2
RICOH Caplio GX8

なおGX8以降、テストフィギュアを「Angel Beats! ゆり」から「ねんどろいど 初音ミク アブソリュートHMO・エディション」に変更します。

PENTAX R FORMAT

キャリア周波数
38kHz(±2kHz)

HL比
1:2(1:3でも可)

データ数
6(5-1)

HEADER
H:13ms
L: 3ms

DATA 1
H:1ms
L:3ms

DATA 0
H:1ms
L:1ms

END
H:1ms

REPEAT
54ms毎に1パルス

信号
レリーズ:00000 0
ワイド/テレ:00000 1

_■■■■■■■■■■■■■___■_■_■_■_■_■_■_________________________|_

※超概略です。

2011/5/16補足
DATA 1に間違いが有りましたので修正しました。
×4ms

○3ms

写真ページ下部の情報について

現在、写真ページの下部に、フィギュアのパンツの形状を言葉で簡単に載せていますが、この説明はいったいどんな形を想定しているのか分かりにくいので、おおよその説明を作りました。
現状、言葉での説明のみですが、将来的には代表例の写真を載せたいと思います。

パンツの形状についての適当な説明

機種による写りの違い、更新

機種による写りの違いのページに、機種を追加しました。

機種による写りの違い

基本的には、各機種ともオートで撮っていますが、K10DおよびK100D Superはホワイトバランスをマニュアル(補正無し)で撮影しています。
また、*istDS2はマニュアル(補正無し)が出来ないため、太陽光で撮影しています。

TM700は、iAモード(オート)で撮影すると、ホワイトバランスがおかしい且つ白飛びするので、マニュアルモードでホワイトバランスを太陽光にし、シャッタースピードと絞りを調整して白飛びしないように調整しました。
その為、その両方を載せています。

アイズプロジェクト製Pia♥キャロットへようこそ!!3 愛沢 ともみ レビュー

アイズプロジェクト製Pia♥キャロットへようこそ!!3 愛沢 ともみのレビュー(?)を追加しました。

愛沢ともみ

損傷箇所:頭のリボンの付け根、両側とも

profile

contents

links

archive