記事一覧

トップ

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJP補足

この冷蔵庫は容量が45Lとなっていますが、この45Lというのは中の全容積、つまり冷蔵庫のてっぺんに穴を開けて中に水を注いで一切水漏れしない時に入る水の総量が45Lとなるという意味です。
要は中の空間の容量です。
なので、45L分の食品が入る、2Lのペットボトルが22本と500mlのペットボトルが2本入る、という意味ではないので注意。

また、冷蔵庫自体、奥が狭くて手前が広い、棚板がある、凹凸がある、食品や写真フィルムがぴっちり入るわけではない等々、結構微妙な隙間が出来ますので実際に使える容量は45Lより少なくなります。

では写真フィルムが何本しまえるか。
35mmフィルムなら製氷室も利用して250本程度です。
これは、サイズの大きな単品フィルムから比較的密度の高い5本パックを含めてですので、おそらく単品なら200本、ほとんどが5本パックなら300本ぐらいは入りそうです。
※5本パックとは、フィルムケースの状態で箱に直に5本分入っている物を指します。単品フィルムを5本ビニールで巻いただけの物はここでは5本パックとして扱いません。

なので、こちらの勝手な想像ですが、冷蔵庫に入るフィルムの数は35mmなら、冷蔵庫の容量(L)×5本前後、といったところでしょう。
たとえばこれより安い海外メーカー製の40Lの冷蔵庫ならおおよそ200本、縦長の比較的大きな100Lの冷蔵庫ならおおよそ500本のフィルムが保存できると考えられます。

まあ、普通の方ならこのぐらいのサイズ(40L前後)で十分だと思われます。
一般の方は200本有っても使い切れないでしょう。
プロの方は、仕事道具ならもっと良い物を買うでしょうし。

なお、出来るだけみっちり詰め込みたい場合は、直冷式はフィルム(のパッケージ)が冷却管に直接触れないように、エアクッションなどをはさんでおいた方がよいでしょう。
エアフロータイプは有る程度のスペースを取りつつ、吹き出し口を塞がないようにしましょう。

一番大事なのは、いくら冷蔵/冷凍しようともフィルムの乳剤は徐々に劣化(自然放射線による露光も)しますので、出来れば現像期限までに使い切るのが一番です。
使い切れない場合、冷蔵なら+1年、冷凍でも+2年以内に使い切るようにしましょう。
長くても冷蔵なら+2年、冷凍でも+4年が限界でしょう。
わざと寿命切れ、かぶりなどを入れるつもりならこの限りではありませんが・・・
※常温保存の20年物のフィルムでも、感度や画質の悪化がある物のまだ使えるという結果が出ていますので、冷蔵庫に入れておけば画質の劣化を許容すればかなり持つのかもしれませんが・・・

冷蔵庫はフィルムの有効期限を無制限に延ばす物ではなく、あくまでも夏等の高温時の激しい劣化を抑えるだけです。
無くなるフィルムを買い置きするなど有る程度はやむを得ませんが、あまり買い置きなどせずに、その時点で入手可能なフィルムを購入した方が結局は良い結果になると思います。
と、わざわざ冷蔵庫を購入した人が言うのも何ですが・・・

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJPが届いたのでレビュー?

無事に届きました。
ヨドバシのポイントがあったのでヨドバシで購入しましたが、この冷蔵庫はなぜか業者が持ってきて設置するという扱いになっています。(おそらく他店なら持ってくるだけだと思いますが・・・)
まあ、普通に箱だけ持って行って貰って、玄関に置いてと言えば玄関に置いて行ってくれます。
とはいえ、ヤマト運輸の人3人と、専門業者の人一人という4人体制でやってきました・・・
恐らくは、もっと大型の冷蔵庫などを運ぶためのチームで、他の場所への配送もあるのでしょうけど。
その後、場所を空けて、そこに自ら運んで設置しました。

小型冷蔵庫としては可も無く不可も無く。
他社の同クラスに比べると静音設計になっております。
が、冷蔵開始時のコンプレッサーの音はどうしても出ます。
エアコンや外の騒音の方が大きいとは思いますが、周期的な音のため気になる人は気になるかもしれません。

庫内は、後ろの下側にコンプレッサーが有るので、そこの部分が内側で出ているという、このクラスとしては典型的な形状です。
それと、冷媒が通る冷凍機能のあるブロックですが、ちゃんと蓋が付いているのね。
とは言っても、簡易的な物なので隙間は大きめですが。
それに、冷凍機能と言っても本来であれば上から冷気を流すべき所を、このクラスとしては一般的な下から冷やす形状のため、冷凍機能はあまり使い物にならないと思った方が良さそうです。
なお、この冷凍用の付属物として、製氷トレーと霜取り用トレーが付属してきます。
霜取り用トレーは冷蔵庫にきちんと嵌まるように冷蔵庫庫内に凹みが付けられています。
支障が無ければ設置したまま使っても良いでしょう。

冷蔵機能は、特に問題はありません。
このクラスとしては普通すぎて特に言うことが無いレベルです。
直冷式なので大型冷蔵庫のように一気に冷やすことは出来ませんが、ゆっくり冷やすなら全く問題はありません。

と言う事で、このクラスの冷蔵庫としては普通の冷蔵庫です。
あえて言えば、他社の同クラスと比べて静音性が高いのと、省エネがトップなので、数年使えばこのクラスで最も安い冷蔵庫とのコストが完全に逆転します。
それと、デザインがそれなりのホテルに置かれていても違和感の無いデザインで、いかにも冷蔵庫というデザインで無いため、寝室に置いておいても違和感が無いのがいいですね。
とはいえ、冷蔵庫は冷蔵庫なのですが・・・

これで、フィルムを入れて長期保存できそうです。
とはいえ、冷凍庫のように超長期保存は無理なので、できる限り現像期限を守るのが吉ですが、数年程度オーバーしても大丈夫でしょう。
なお、あまり長くなるとフィルム自体は問題なくても自然放射線で勝手に露光してしまいますので、注意が必要です。

また、フィルムが壊滅的になったら、只の冷蔵庫としても利用できますので、買っておいて損は無いです。

なお、輸送されてきた直後に電源を入れるのはやめましょう。
コンプレッサー内の冷却剤が変なところに偏っていたりして、うまく冷却できないばかりか、故障の原因になります。
最低でも5分、出来たら1時間程度は安静にした後に電源を入れてください。

また、いきなりパワーを強にしないで下さい。
最初は最も弱くしておき、冷え始めたら希望の強さにして下さい。
まあ、最近の冷蔵庫はあまり問題ないかもしれませんし、このクラスは単純にON/OFFの制御しか無いので効果は無いかもしれませんが、最初の儀式と思ってやっておいた方がいいと思います。
最悪でも、効果が無いだけで悪いことはありませんので。

非常に良い機種なのですが、あまり売れている機種では無いようですので、ここに記録を残しておきますので、購入を考えている人は参考になるようであれば参考にして下さい。
なお、商品そのものは中国製です。

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJPを注文しました

届くのは来週です。
選んだ理由は、エレクトロラックスは日本では有名ではありませんが、ヨーロッパではかなり有名な老舗家電メーカーですので、問題ないだろうという判断。
また、同クラスの国内メーカーより圧倒的に安く、また同クラスのハイアールより大幅に省エネという、ちょうどいい感じのスペックでした。
容量は45lとなっているので、まあフィルム保存にはちょうどいいかなという感じです。
とはいえ直冷式ですので、年に数回の霜取りは必須ですが。

届いたら調子を見て、報告します。

ブログのPing先が減った

なんて言うか、時代が変わったなという感じ。
最盛期には猫も杓子もブログで、Pingサイトも10や20じゃすまないほど有ったのにね。
システムに登録していたの確認しながら整理したら、残ったのは10個しか無かったよ。
それでもまだ10個有ると考えるか・・・
消えたサイトはサービス自体をやめたり、サイト自体が消滅したり、ドメインパーキング(乗っ取りとも言う)に取られたり。
悲しいですね。

残った10個も何時消えるのやら。
それより、この10個も本当に動いているのかは不明という状態ですしね。

そのうちブログは細々と生き残るだけになるのでしょうね。
コレも時代の移り変わりとは言え、悲しいですね。
まあ、大昔はパソコン通信のBBS代わりの掲示板や簡易なチャットが流行っていましたけど、今はあまり見ませんしね。
今はツイッターやフェイスブックなどの動的なサイトが最盛期ですけど、コレもどうなるのやら・・・

写真フィルム用に

冬は気温が低いからいいけど、春が来て気温が上がって来るのでそろそろ冷蔵庫を買わないと保存し切れそうに無い・・・

LomographyのColor Negativeも値上げ

今日ヨドバシカメラのサイトを見たら、LomographyのColor Negativeも定価が大幅に上がっていました。
どうやら、コダックOEMのフィルムもコダックフィルムに遅れて値上げのようですね。
唯一の救いは、GOLD200の値上げ幅がかなり小さかったこと。
ISO200限定で写りに妥協すれば、このフィルムでしばらくは凌ぐことは出来そうです。
※一部のショップでは撒き餌フィルムとして定価より大幅に安価な価格で売っていましたが、今回の値上げで普通の価格になりそうです。

まあ、あきらめてフジフィルムを使えという話になりそうですが。

やっとPENTAXからフルサイズデジタル一眼レフが!!

フルサイズを出すと言ってから何年たったのでしょうかね?
それどころか、*istDは当初フルサイズで計画されていたって知っていましたか?
途中H○Y△というヤクザ企業に買収されて重要な部門を全部やられて、もうダメかとも思いましたが。
そう言った点で、昔から良好な関係※を保ってきたRICOHに買収されて本当に良かったと思います。
最初からRICOHが買収してくれていたら良かったのですが。

※PENTAXは、元々リコーのカメラブランドだった。
 手ぶれ補正のSR方式は、リコーが開発した技術。
 RICOHの一眼レフXRシリーズは、PENTA"XR"ICOHで、両社を繋ぐ意味がある。
 PENTAX Qは、PentaxとRicohのPとRの間にあるのがQだから。

それはさておき、フルサイズの最上位機だと他社の同クラスを想定して、予想販売額は30万円ぐらいでしょうかね?
かなり高額ですが、販売から1年して安くなった頃に買ってしまいそうです。
K-3買おうと思っていましたが、キャンセルしてこっちの方に予算を回すか・・・

レンズは先行して発売するみたいですね。
70-200と150-450ですか。
ABC2とHDコーティングの組み合わせって・・・
MTF等も他社の同クラスと比べても遜色ないスペックですね。
これで他社より安いんだから、恐れ入ります。
ペンタックスの面目を保ったといったところでしょうか?

今から登場、販売が楽しみです。

Kodak フィルム値上げに付き

コダックのカラーフィルムをいくつか購入して取り置きにします。
購入したフィルムは以下の通り
・Super Gold 400
・GOLD 200
・Ektar 100
・Portra 160
・Portra 400
・Portra 800
・BW400CN

このうち、GOLD 200は大きく値上げしない様なので、無理に買う必要は無かったかも。
ULTRAMAX 400はSuper Gold 400と同じフィルムらしいので、値上げ如何に関わらず割高なためSuper Gold 400は購入しましたが、ULTRAMAX 400は購入しませんでした。
BW400CNは既に生産中止なので今回の値上げの対象外ですが、現在流通在庫のみなので試しにいくつか購入しました。

フィルムだと1枚1枚大事に取るので、予定では賞味期限が切れるまでは十分持ちそうです。
しかし、今度は現像代が厳しいですね。

コダックの写真フィルムが値上げ(一部生産終了)

http://www.nationalphoto.co.jp/1F/kodak_news_06.htm

今回の値上げで、コダックのプロ用のカラーネガで最も安価だったエクターが、上位のポートラの値段を上回ります。(ここでは135/36mm)
たとえば、ポートラで最も高価なPortra 800が値上げ後も1200円を切っているのに対し、エクターは値上げ後は1200円になります。(上記URLのナショナル・フォートでの価格。)
特に白黒フィルムは今でも高いのにさらに高くなります。
カラー現像加能な白黒フィルムも廃止になります。ラボ出しした際に現像代が安くて済んで便利と評判だったのですが。
また、一部のセット(エクター100の5本セットや、スーパーゴールド400の10本セット等)が廃止になります。
特にスーパーゴールド400の10本セットは日本のみだったので、日本国内で詰め直ししていたため、需要と手間を考えて廃止になったと思われます。

そして、220がすべて生産終了になります。
元々ラインナップが少なく、需要がきわめて少なかったのでコダック的には早く切りたかったんでしょうけど・・・
※120,220ともに同じロールサイズの中判。220は120の裏紙がないタイプで、その分多く巻けるので1ロールあたりの撮影枚数が倍になる。その代わり、裏に窓がある機種ではフィルムが露光してしまって使えない。そのため、220フィルムは120フィルム機で使える機種もあるけど使えない機種もある。それに対して120フィルムは220フィルム機でも使える。なので120フィルムを作っておけばどちらでも対応できると考えたと思われる。

世界的に需要が減っているのもあって、フィルム生産量は減少の一途ですしね。
一時トイカメラブームで持ち直した物の、ブームが去ればどうなるかは明らかですし。
ただ、富士フイルムのチェキは絶好調で増産に次ぐ増産らしいですが・・・

世界のフィルムメーカーで唯一残ったのは、富士フイルム1社だけですしね。その富士フイルムも現在メイン事業は化粧品や医療品関係になっていますが。まあ、写真フィルムは薬品の取り扱いと加工技術の固まりなので、フィルム事業と化粧品/医薬品との相性は抜群なんです。そう言った点で早々に事業転換した富士フイルムが生き残り、写真事業に固執したコダックが事業売却に至ったのは、当然の帰着とも言えます。
※コニカはコニカミノルタになった後フィルム事業をDNPに移譲し、その後DNPはフィルム事業から撤退しました。また現在フィルムを作っているコダックは以前フィルムを作っていたコダックとは別会社です。ヨーロッパのアグファも倒産して、その工場とブランドを買収した別会社が作っています。一部中国発の怪しいフィルムが出回っていますが、あれは大手が古くなって(また生産調整のため)処分したフィルム製造装置(または工場一式)を買ってきて作っているだけです。また他のフィルムを取り扱っている会社はほとんどが上記いずれかからのOEMです。


コダックのプロ用フィルムが必要な方は、多めに買っておいた方が良いかもしれません。
浮いたお金(?)で冷蔵庫か冷凍庫あたりも・・・

銀塩フィルムカメラでフィギュア撮影

ジャンクで購入した旭光学のPENTAX ESと、同じくジャンクで購入した旭光学のSuper-Takumar 55mm F2で撮影した、アゾンピュアニーモのレミリア・スカーレット様と、アルターのディズィーです。
展示状態のままのため、埃がたまっていますが、ご勘弁ください。

ファイル 104-1.jpg
ファイル 104-2.jpg
ファイル 104-3.jpg
ファイル 104-4.jpg
ファイル 104-5.jpg

いずれも、室内蛍光灯、シャッタースピード1/60(古いため正確性不明)、絞りF2.0(開放)です。
フィルムは2002年6月に期限切れとなった富士フイルムのSUPER 400(野菜室保管)です。
デジタル化は写真館の方に現像時にデジタル化をお願いしています
ESは露出回路が死んでいるためマニュアル撮影しか出来ませんので、シャッタースピードが1/60より開けません。
そのため、露出不足気味になり粒子っぽくなってしまいました。
または、フィルムが古くて反応が悪くなっているのかもしれませんが・・・
そのせいもあって、写真館のデジタル化のソフトで露出を上げた結果、若干のイズっぽくなっています。

今回はフィルムカメラが動くか、撮影可能かのテストなので、このレベルでご容赦願います

profile

contents

links

archive