記事一覧

トップ > 私事 > 富士フイルムのEXRセンサーは廃止になるのか?

富士フイルムのEXRセンサーは廃止になるのか?

先の記事でいろいろ調べていたら、このF1000EXRを最後にEXRセンサー使った機種は無くなるのね。
上位機種のXシリーズでもEXRセンサーを使ったXF1が製造中止になっています。
上位機はX-Transにシフトしているので、ほぼ全ての機種でEXRは廃止のようですね。
おそらくコンデジは赤字なので、利益率の高い上位機のみ自社設計の自社製センサーにして、それ以外は他社からのOEMにしようという感じだと思われます。
在庫として残ったEXRセンサーは、F900EXRを手直ししたF1000EXRで使い切ろうという感じでしょうか?
F900EXRだけで走り切るにしても、既に値下がりしすぎてこのまま放置するとブランドイメージ的に良くないという判断で、実質ファームの変更だけでF1000EXRに仕立てて、価格を少し戻して再度販売というように感じられます。
また、流用のため機能UPが無いので廉価機としてRAW対応を外し、上位機が無くなったのでズーム倍率の制限を解除した様な感じです。

おそらく、F900EXRの後継機は出るのでしょうけど、ただ単にSONY製裏面照射CMOSセンサーを積んだ、他社の同クラス機と比較しても差が見えないようなつまらない機種が出てきそうで怖いです。
また、EXRの名前が使えないとなると、今回新たに発表された高倍率機と同じように名前をガラリと変えて登場となりそうな雰囲気です。

このまま何も情報が出てこないようなら、EXR機が必要なら今のうちに買っておくのがいいのかもしれません。
それに、X-Transは1/2インチ1600万画素※ではその性能を発揮しきれないので、このクラスに降りてくる確率は低そうです(ゼロとは言いませんが)。
※このクラスのセンサーは、レンズ開放の小絞りボケだけでも十分ボケるのでローパスを使う必要が無く、ローパス不要なX-Transをわざわざ使う必要がない。

それにしても、10年以上開発、販売を続けて売りにしていたハニカム構造を、いよいよ捨てるのかなぁ?
製造は東芝とはいえ、自社でしか使わないセンサーを開発し続けるのは厳しかったのかもしれません。
コンデジの利益が十分出れば話は別なのでしょうけど、赤字では厳しいでしょうから。
FoveonX3の様に社長の趣味で赤字垂れ流しでもそれほど困らないなら問題ないのでしょうけど、会社が事業としてやっているとそうはいかないでしょうし。
まあ、それも時代の流れなのかもしれません。

廃止でもいいから公式から何かしら情報が出てくれれば、あきらめも付くのですが・・・

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定
投稿キー(半角英数字)
投 稿 キ ー に は 「 L Z X J P 」 と 入 力 し て く だ さ い 。 ( コ ピ ー & ペ ー ス ト 対 策 済 み ス パ ム 対 策 )