記事一覧

トップ > フィギュア > 記録

銀塩フィルムカメラでフィギュア撮影

ジャンクで購入した旭光学のPENTAX ESと、同じくジャンクで購入した旭光学のSuper-Takumar 55mm F2で撮影した、アゾンピュアニーモのレミリア・スカーレット様と、アルターのディズィーです。
展示状態のままのため、埃がたまっていますが、ご勘弁ください。

ファイル 104-1.jpg
ファイル 104-2.jpg
ファイル 104-3.jpg
ファイル 104-4.jpg
ファイル 104-5.jpg

いずれも、室内蛍光灯、シャッタースピード1/60(古いため正確性不明)、絞りF2.0(開放)です。
フィルムは2002年6月に期限切れとなった富士フイルムのSUPER 400(野菜室保管)です。
デジタル化は写真館の方に現像時にデジタル化をお願いしています
ESは露出回路が死んでいるためマニュアル撮影しか出来ませんので、シャッタースピードが1/60より開けません。
そのため、露出不足気味になり粒子っぽくなってしまいました。
または、フィルムが古くて反応が悪くなっているのかもしれませんが・・・
そのせいもあって、写真館のデジタル化のソフトで露出を上げた結果、若干のイズっぽくなっています。

今回はフィルムカメラが動くか、撮影可能かのテストなので、このレベルでご容赦願います

機種による写りの違い、更新

機種による写りの違いのページに、機種を追加しました。

機種による写りの違い

基本的には、各機種ともオートで撮っていますが、K10DおよびK100D Superはホワイトバランスをマニュアル(補正無し)で撮影しています。
また、*istDS2はマニュアル(補正無し)が出来ないため、太陽光で撮影しています。

TM700は、iAモード(オート)で撮影すると、ホワイトバランスがおかしい且つ白飛びするので、マニュアルモードでホワイトバランスを太陽光にし、シャッタースピードと絞りを調整して白飛びしないように調整しました。
その為、その両方を載せています。

フィギュア修復作業

先の震災およびその後の余震によって、棚から落ちたフィギュアの修復作業を行いました。
再塗装などの技術はないので、基本的には壊れた部分を瞬間接着剤でくっつけるだけの作業です。
しかし、100円ショップ購入した瞬間接着剤がいつまで待ってもくっつかない・・・
一応日本製の商品を選んだつもりだったんですが、こんな物なんでしょうか?
以前購入した紫外線で硬化するタイプは、高い代わりに確実に硬化してくれたが、購入したくても既に販売終了している。

なお、修復したフィギュアについては写真撮影済みなので、順次公開します。

アルター ディズィー フルサイズ画像追加

フィギュア棚整理のため、本日分の撮影/アップロードは無し。

昨日アップロードした、アルターのディズィーが出来が良すぎなので、フルサイズ版を特別公開します。
サイズが大きいので、サーバの負荷が大きいため、状況を見て消すかもしれません。

ディズィー フルサイズ版

遠近感を出すため、ボケさせるために開放絞りで撮影。
ややソフトフォーカスっぽくなっています。
1段絞るだけで消えますが、ボケを優先したため、あえて開放絞りのほうを公開します。

グリフォンエンタープライズ 風見幽香 傾き補正

100円ショップで水平器を購入したので、カメラの傾きを補正しながら、風見幽香の写真を撮り直しました。
手作りのグレーカードのテストも兼ねて、再びK10DでのRAW撮りです。
ただ、カメラをどんなに水平にしても、元々傾いている本体の傾きは補正できませんが・・・

風見幽香

ちなみに、かなり昔に購入した上海問屋のオリジナル2GBが意外に優秀で、K10DならRAW+JPEG(最高画質)でも、2秒インターバルは余裕でした。
また、去年購入したTranscendの標準2GBも意外に優秀で、2秒インターバルなら、RAW+JPEG(最高画質)もギリギリですが問題有りませんでした。
意外だったのが、上海問屋のオリジナル2GBよりさらに古いADATAの1GBタイプ。
上海問屋のオリジナル2GBより遅い物の、Transcendの標準2GBよりも早い結果に!!

なお、K100D Superは元々の速度が遅いらしく、いずれも2秒インターバルはNG、おそらく5秒インターバル位にしないと間に合わないと思われます。
もっと高速なSDを用意しても、元の速度が遅いので無理な感じです。

グリフォンエンタープライズ 風見幽香

グリフォンエンタープライズ製東方Projectの風見幽香、塗装済み完成品フィギュアのレビュー(?)をアップしました。
やや斜めっているのは、台と幽香の接合部の仕様による物です(泣)
しかし、K100D Superが幽香の服のチェック柄との相性が良いのか悪いのか、回転している間ずっと合焦を知らせる音がピピッ、ピピッ、ピピッ、と鳴り続ける・・・
合焦マークが出るとタイマーのシャッタータイミングがずれるので、綺麗に等角度で写真が撮れないので、勘弁して欲しいのだが・・・
取扱説明書見たら、音は止められるけど、合焦自体を止める手だてがないのね・・・
K10Dでは出来るのだが。

それと、ディスプレイ回転台Dorisは加えた電圧と、その時点のモーター内の抵抗によって発生する電力により回転速度が決まるので、同じ電圧でもその時々でスピードが変化する。
時間を掛けて電圧を微調整すれば調整した直後は希望の速度で回転させる事が出来るけど、それでは時間かかりすぎるので、これは諦めます。

写真は以下から
http://lzx.jp/ht/touhou/yuuka1.html

アルター フェイト・T・ハラオウン 真・ソニックフォーム

アルター フェイト・T・ハラオウン 真・ソニックフォームの再販版を購入しました。
箱が大きいので、部屋を片付けるまで端の方に置いておいたのですが、片付けで場所が空いたので開ける事に。

一言。
デケーよ!!
間違いなく、同社同作の高町なのは エクシードモードより設置面積が大きいよ!!
ライオットザンバーが、45cm幅の棚からはみ出してます。
なのはエクシードモードははみ出てないから、確実にフェイトの方が奥行きがある。
よくよく調べたら、ライオットザンバーだけで56cmも有るのか・・・
斜めに置いてあるから、実際の奥行きはこれより短いんだろうけど、それでも十分長いです。
また、アルター自慢の巨大サイズだけあって、ライオットザンバーと地面の間に結構スペースが空くため、ちょっとしたスケールフィギュアが置けてしまう。
ライオットザンバーを支える棒の台ですら、数年前の1/8スケールフィギュアの台と同じぐらい有るしなぁ・・・

しかし、フィギュアを保護している透明なブリスターって言うやつですか?
毎度ながらこのシリーズのブリスターは、有る意味芸術作品です。
これはこれで十分作品になりそうな位、よく考えられていて出来が良い。
ここまで保護するか?って位。
その分、開封する方は大変な手間ですけどね。

で、このサイズは大きすぎます。
お手製撮影台に確実に乗らないサイズ。
まあ、無理に載せれば乗らない訳じゃないけど、今度は回らないし、回さなくても奥行きがありすぎてどうやって写真取る?っていう感じです。

とらぶるうぃんどうす改

Meたんの方いじりなおしました。
詳しい設定や使い方が分からないので結構適当ですが、なかなか良い感じになったと思うんですが、どうでしょうか?

ファイル 11-1.jpg
悪くはないと思うけど・・・
写真増やさす変な事ばかりしていて申し訳ない。

とらぶるうぃんどうす

とらぶる・うぃんどうず、の代表キャラクターといえば、
緑の髪、二つのおさげ、メイド服、そしてネギのMeたんでしょう。

しかし、フィギュアを販売した時期が、私が収集を始めた時期より前だったため、フィギュアを手に入れる事は出来ませんでした。

で、たまたまほとんどMeそのものじゃんと言うのを探し出してきたので、リペイントで改造しようかと。
でも、下手に改造すると元に戻す事が出来なくなりますし、何より私の下手な腕でまともなリペイントが出来るわけもなく・・・

と言う事で、ペイントソフト上で何とかしようと画策しました。
が、さすがに厳しいです。
ペイントソフトなんて使う仕事してないから、機能がほとんど分からん・・・

仕方がないので、あの特徴的な警告ダイアログのマークと、アホ毛だけ付けてみた。

ファイル 10-1.jpg
あまりよろしくないな。
もう少しいじってみるか・・・

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

profile

contents

links

archive