記事一覧

トップ > 光学機器 > ソフトウェア

Capture NX-D、処理ファイル数が増えた途端馬脚を現す

前回、調整せずTIFFに変換するだけにすれば良いと書いたけど、撤回。
ファイル数を増やした(たった24枚です)途端、変換も無理になりました。
プログラムが固まる。
申し訳ないけど、はっきり言って、使えない。
幾らフリーでも、これは無いだろ。

よってCOOLPIX 5700もまともなRAW変換が出来ないこととなり、使えないカメラとなりました。

Capture NX-D、処理遅くね?

古いニコンのCOOLPIX 5700を手に入れたので、RAW現像のためにCapture NX-Dを導入してみました。
他にもRAW現像ソフトは持っていますが、この時代のニコンのRAWに対応していなかったり、対応しているソフトでもCCDが補色フィルタのため色合いがおかしいどころかエッジに擬色が大量に出ると言う問題か有るので、あえて純正を入れてみました。
※撮って出しJPEGは色合いも悪くないし、擬色も出ないので、ちゃんと処理している様子。

で、インストールして実行してみた結果・・・
何これ、異常に処理に時間が掛かるんだけど?
プレビューに最低3秒、ホワイトバランスに5秒、露出調整に15秒って、何これ?
最も基本的な処理でこの処理時間て、どうなってるの?
ホワイトバランスはグレーポイントを指定してもグレーにならないし。(黄色くなる、ニコンが黄色いとよく言われるけど、これじゃ言われても仕方が無いよ。)
ホワイトバランスは、通常は色温度で指定するけど、グレーポイントを指定すると偏差(微調整)の指定に変わるし、何これ?
ニコンって昔からカメラ作っているメーカーだと思ったけど、違うのか?
なんて言うか、今までカメラ作ったことの無いメーカーが参入して、見よう見まねで頑張って作りました!!って感じなんですけど。
ニコンユーザーの皆さんは、これを平気で使っているのでしょうか?

ちなみに現像速度自体はそんなに遅くないです。
むしろ早いほう。
CCDの補色フィルターの問題も、ちゃんと処理しているらしく擬色も出ません。
なので、この調整の反映の遅さはなんとかなら無いものか。

無調整でTIFFで出力して、PhotoShop辺りで調整するのが正解なのか?
使っているPCが悪いのか?
CCDのフィルタが補色なのが悪いのか?

慣れて無いせいもあるでしょうけど、反映の遅さはなんとかなら無いものか・・・

PENTAX Digital Camera UtilityをCD無しでインストール

中古でカメラ買ったけどCD-ROMが付いてこなかったとか、CDを無くしたとか、箱に入れたままを仕舞ったら何処へ行ったか分からない方向け。

PENTAX Digital Camera UtilityをオリジナルCD無しにアップデートからインストールする方法
1.RICOHのウェブサイトからアップデータをダウンロードする。
2.USBメモリ、又はメモリカードをPCに接続し、認識させる。※
3.認識させたUSBメモリ(メモリカード)のドライブ名を以下の名前に変更
Digital Camera Utility 5 は S-SW140 ※※
PENTAX Digital Camera Utility 4 は S-SW110 or S-SW90
4.アップデータを起動
5.インストールを進めると、確認画面が表示されてもそのまま進んでインストールできることを確認
6.インストールを完了させる
7.インストールしたプログラムを起動させ、問題ないことを確認
8.USBメモリ(メモリカード)のドライブ名を元に戻す

※CD-R(W)やDVD-R(W) or RAMでも可能

※※対象CD-ROMが以下の通りなので、以下の名前でも可能かと思われる。
S-SW140, S-SW150, S-SW151, S-SW156, S-SW160, S-SW162, GR II用, S-SW168, S-SW167, S-SW171

ただし、持っていないカメラ向けのバージョンをインストールした場合、ライセンス違反になるので注意!!

QPcolorsoft 501

ファイル 120-1.exe

久しぶりにQPcard201を引っ張り出してきて使ってみようとしたら、ソフトの配布が終了していました。
これは困ったとNASの中をあさった所、以前ダウンロードしたファイル(Ver.2.0)が残っていました。
調べた所、多分Ver.2.0が最新版だろうと言う事で、他に使いたくて困っている方がいたら上記からダウンロードしてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

profile

contents

links

archive