記事一覧

トップ

生存報告

ひとまず生きております。
仕事が忙しくて対応し切れておりませんが、今年は何かやりたいですね。

ダイナミックレンジ、ラチチュード、SN比は全て異なる物

よく、ダイナミックレンジが広いからラチチュードが広いとか、SN比が高いからダイナミックレンジが広いとか言いますが、それは間違いで、それぞれ基本的に関連のない独立した物です。

ダイナミックレンジ
最大値と最小値の間を何分割できるか。
例えば10bitのADCを使えば、ダイナミックレンジは60dBとなり、12bitなら72dBとなる。
※実際はADCの結果を処理して出力されるビット深度で換算するので、通常はコレより12dBほど落ちます。
これは、ラチチュードが1EVしかなくても、その間を1024(10bit)で分割できればダイナミックレンジは60dBとなります。
また、信号の半分がノイズなセンサーであっても、最大値と最小値の間を1024(10bit)で分割できればやはりダイナミックレンジは60dBとなります。

ラチチュード
センサーが飽和しないで反応できる最大の光(通常97%)と最小の光(通常3%)の間で取れる、実際の光量のEV量の差。
例えば、12EVの物体を撮影したときにセンサー出力の飽和量の97%、2EVの物体を撮影したときにセンサー出力の飽和量の3%、となるセンサーの場合、ラチチュードは12-2=10EVとなります。
このとき、センサーのADCが12bitであれば、ダイナミックレンジは72dBですが、ラチチュードを同じ表現で表せば2^10ですから60dBとなり、ラチチュード≠ダイナミックレンジで有ることが分かります。

SN比
光が全く入らない状況でもセンサーからは出力が出ています。
これは暗電流といい、金属でも半導体でも電気を流すことが出来る物体であれば必ず流れている物です。
これは通常極めて小さい範囲でしか流れません。
そのため、人間が手で扱えるサイズの物では微少なそれぞれの暗電流が打ち消し合うため、影響が出ることはありません。
しかしカメラのセンサーは、画素のサイズがマイクロメーターオーダーとなっているため、暗電流が打ち消し合うのに十分なサイズが確保できずに無視できないレベルになっています。※
またこの暗電流、別に光が当たらない時のみに出て光が当たれば消える、なんてことはなく、物理的な現象のため光が当たった状態でも出ます。※※
ですので、信号が出ている画素にもノイズが乗ります。
※現在のセンサーはその暗電流を可能な限り抑えつつ、暗電流を検出して打ち消す技術を使ってSN比を改善していますが、その分を画素の微細化に使ってしまうため、トータルで改善しない(むしろ悪化)しているのが現状です。
※※暗電流だから暗いときのみと勘違いされそうですが、本来光(信号)が入っていない状態でも出るという事で暗電流と呼んでいるだけです。この電流はセンサーの素材や画素サイズや回路パターンの影響を受けます。
前置きはここまでとして、この暗電流による出力の量と、センサーが飽和するだけの光量(規格値有り)を当ててその時に出力される信号量の比が、SN比となります。
そのため、センサーのADCが8bitだろうが14bitだろうが、暗電流は画素サイズと素材由来の固有値となるため、SN比に変化は出ません。
また、上記のようにADCはSN比の表現する物とは別次元の物のため、SN比とダイナミックレンジの間には関連はありません。


良いセンサーはこれらが出来るだけ良い特性を出せるように設計されており、逆に良くないセンサーはとにかく画素数優先などでこれらの性能が二の次にされているだけなのです。
そのため、良いセンサーはSN比が高い=ダイナミックレンジが高い、ダイナミックレンジが高い=ラチチュードが広いとなり、コンデジのセンサーはSN比が低い=ダイナミックレンジが小さい、ダイナミックレンジが小さい=ラチチュードが狭いとなります。ですが、それらはそれぞれ関連性が有るように思われているだけです。
まあ、良いセンサーを作るには結局全ての性能を高いレベルに持っていかなければいけないので、ダイナミックレンジが高いセンサーはSN比が高くラチチュードが広い、という考えはあながち間違いとは言えないのではありますが。

Quadro 410を手に入れた

これならロープロファイル機で使えるんですよ!!
って言うか、FireProのシェアが小さくてロープロファイルのFireProの良い出物が無かったので。
まあ、Quadro410は元が安価なのとシェアが大きめなので結構出物が多いですね。

それはさておき、コレってGeforceではどのぐらいのクラスなのだろうか?
と調べてみました。
結論から書くと、Geforce GT 630 OEMベースですね。
※ただし若干スペックが落ちます。メモリバスが半分の64bitに落とされていますので。

理由は以下
1.ボードがGeforce GT 630 OEMと全く同一。アナログアウトが無い以外、細かい部品の位置まで一致。
ファイル 117-1.png
Geforce GT 630 OEM
ファイル 117-2.png
Quadoro 410
※よく見るとGT 630はファン回転数検知/制御が無効にされているのかファンの電源ケーブルが2ピンになっていますが、基板上はちゃんと4ピン分用意されています。

2.メモリバス以外のスペックが全く同じ。
3.GT 630 OEMは28nmのFermiコアだが、410もNVIDIAの説明やELSAの仕様を見る限りでは28nmのFermiのようだ。※
※ただし、NVIDIA的には隠したい模様。そのため先進の28nmプロセスとしか書かれていない。同じ世代のQuadoroにはちゃんとKeplerと書いてあるのに・・・

ただし、Kepler板もありそうな雰囲気なのが不思議。
その理由は、ドライバがQuadoro 410のみ別IDで二つ用意してある
コレは、同じボードで別GPUを積んだ場合に良くやる手法です。

それと、Wikipedia見たら間違ってたので直そうと思ったけど、自己主張の激しいエディタさんが居たので、関わるな危険と感じたため放置で。
でもあの出典は、個人的には根拠にならないと思います。
設計元のNVIDIAや製造元のELSAが言っているわけではなく、販売店が勝手に書いているだけだしなぁ。
※hp辺りは、ちゃんとKeplerコアの物を収める契約した上で書いてあるのかもしれないけど、それ以外の販売店は微妙な感じ。特にLenovoは勘違いしている雰囲気。
主張の中で唯一Compute Capabilityが一番正しそうだけど、日NVIDIAでは3.0でも米NVIDIAでは2.1になっているから、やっぱりFermiなんだろうな。
日NVIDIAの主張が正しいとしてKepler版410も有るんだろうけど、じゃあFermi版410も3.0に対応しているのか?等々、疑問は尽きない。
それに万が一、Kepler版しか存在しないとした場合、NVIDIAもELSAもなぜわざわざKeplerと謳わずに最新の28nmプロセスと謳ったのか?
無論28nmプロセスは間違いではないけど、同じ世代の他のQuadroはちゃんとKeplerと謳っているのになぜ410は謳わなかった?

あとELSさん、ページによってFermi側に入れたり、Kepler側に入れたり、どっちだよ!!
まあ、そのページを作成する担当者次第なんだろうけどさ。
※おそらくはページが作成された時期の差。Fermi側に入れられている方はFermiコアで作っていた時期に作成されたページで、Kepler側に入れられている方がKeplerにコアを入れ替えた後に作られたページだと思われる。

FermiからKeplerに切り替わったという前提で、28nm版FermiはGeforce GT 700世代でも使われるぐらい余ってたのに、なぜQuadro 410は途中で切り替えることになったのだろうか?

等々、不思議な存在です。

FastRawViewerはフリーソフトじゃ無かったよ

FastRawViewerはGPUを使ってRAW画像を高速に表示できるビューワソフトです。
一部ではフリーソフトとして紹介されています。
が、正規バージョンになった際に有料ソフトになったようで、ライセンスキーを要求されます。
価格は$19.99です。
日本円にすると2500円ぐらいですが、ビューワだけでこの価格は少々お高いかなと。
で、以前ダウンロードした古いベータ版を引っ張り出してきてインストールしたら、古いから新しいのダウンロードしろと表示されて強制終了・・・orz

そういえば、以前にもホームユーザーは無料で商用利用は有料という形でRAWのコーデックパック+高機能ビューワソフトを出した会社がありましたが、お前らが買ってくれないからフリーライセンスやめると言ってフリー版をやめたソフトがありましたが・・・
それにしても外国人って結構はっきり物を言うよね。

まあ、向こうも商売ですし、有料になるのはやむを得ません。
実はRAW撮りはあまりしないので、無理にRAWビューワを使わなくても既存のソフトで対応可能ですし、最近のCPUは結構高速なので枚数が少なければそれほど気にはならないんですよね。
只、明確に有料だとかシェアソフトだとかの記載が無いし、日本語での紹介サイトは情報が古くてフリーと書いたままなので、一応ここに有料になったんだよという情報を記録しておきます。

NEC製WiFiルーターWG1800HP導入(KDDI/auからのレンタル品)

こいつはWiFi(無線LAN)の11ac登場時に販売された2機種の内の1機種です。
最高速は11ac(5.4GHz)時で1300Mbpsとなり、最高速が出るのであれば下手な有線LANより早いです。
※最高速はパケット中の1ビットの転送時間の逆数なので、実際にはいろいろなスキマ時間が出来るので最高速は決して出ません。あしからず。

使い方は簡単で、光モデム(ルーター)とこの機種のWANポートを有線LANケーブル(付属)でつないで電源を入れるだけです。
通常これで、この機種にDHCPで自動でIPが割り当てられ、この機種内のハブにWiFiのアクセスポイントがぶら下がる形で使用可能です。
WiFiのESSIDとキーはこの機種の横(または下部)に記載されていますので、それを参考に入力するか、ボタン一つでWPSによるかんたん接続が可能です。
普通に使う分には特に手間もかからず使えます。
また、4ポートのギガビットのハブとしても使えます。
ただし、DHCPを切っているとか、ルーターとして使いたいなどと言うことをやろうとすると、一気に手間がかかります。
今回の契約はあくまでも無線APのレンタルなので、デフォルトでBRモード(後ろのスイッチ参照)で使うことになっています。
そのため、そのスイッチを切り替えた場合契約範囲外なので自己責任のためサポート不可、それが原因で故障になった場合(普通はあり得ませんけど)レンタル元の保証の範囲外と判断される可能性もあります。
DHCPを切っているのなら、DHCPでIPを1つだけ有効にするか、この機種の設定画面に入って固定IPを割り当てるか、どちらかになります。

機種そのものは定評のあるNEC製の機種ですので、スピードや性能などの安定感は非常に高いです。
また、初期不良でもない限り、故障はほぼあり得ないと思ってもらっても良いぐらいの品質です。
まあ、それでも工業製品である以上故障はゼロではないので、もし故障したら今回は運が悪かった、これで悪い運を落としたと思ってレンタル元に修理/交換を依頼しましょう。

この機種は既に廃番になっていますが、同じスペックで実質同一の物が販売されています。
その後継機は最安値店で12,500円です。
今回導入した機種は、KDDIのキャンペーンで本来なら500円/月かかるのを1年無料ということでレンタルした物です。
ですので、通常であれば2年、今回は3年で店頭で購入した方が安くなります。
が、購入した物は1年で保証が切れ、故障の際の買い換えは自腹となります。
しかし、レンタルの所有権はレンタル元(今回の場合KDDI)が持っており、故障の際の修理は(レンタル代を払っている限り)KDDIが責任を持って修理することが法律で定められています。
その上、レンタルをやめればその無料で回収、ゴミも出ません。
また、新たに契約すればその時点の最新より1つ前の機種が無料で手元に届きます。
1つ前の機種なので性能的には最新鋭機とあまり変わり有りませんし、故障の際のリスクはしばらく使えなくと言う位で、費用はかからず(必要なのはKDDIへの電話代だけど、十分携帯の無料通話の範囲に入ると思われる)。

こんな事やってKDDIは儲かるのかと思われるかもしれませんが、再梱包の手間はありますが1つ前の廃番型落ちのメーカーデットストックを大量に仕入れて居るので、仕入れ値はおそらく1年分のレンタル費用の範囲内に十分収まる価格だと思われます。
なので、1年無料で使わせてWiFI子機にESSIDやキーを登録されてしまえば、再度入れ替え(ESSIDやキー)が手間なので、わざわざ解約しないでそのまま月500円払って使い続けるだろうというのが狙いでしょう。
それで、最低でも+1年、あわよくば+2年使って貰えればKDDIとしては黒字になります。
また、それ以上使ってくれる顧客もいるでしょう。
その上、大量に仕入れるという実績が出来れば、次回もメーカーに対して価格交渉しやすくなりますので、少なくともKDDIとしては損はしない仕組みです。
それに、利益を追求するべき民間企業が、損をするようだったらこんな事しませんしね。
なので、レンタル自体赤だとしても、何かしらで利益が得られるから、こういった事業をやっているのです。
なので、あまり気にせず借りられる物は借りておくのが吉かと。
それに、費用を払って普通に使っている分には規約の範囲を超えることはありませんので、普通の人が普通に使う分には問題有りませんし。

ちなみに、私はKDDIの回し者ではありませんので、あしからず。
なお、自宅で最速のWiFiでも11n(5.4GHz)の450Mbpsまでしか有りませんので、その11acの1300Mbpsという最高性能を見ることはまだ出来ておりません・・・

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJP補足追加とライバル機大幅値下げ!!(泣)

運転中のコンプレッサーの音はやむを得ませんが、ただ、運転開始時(コンプレッサー始動時)の「ポン」という音はちょっと大きすぎ泣きがします。
半覚醒中にいきなりこの音がするとちょっと目が覚めます。

それと、ユーイングの冷蔵庫、UR-D50Hがいきなり30%以上値下げになりました。
ERB0500SA-RJPを注文したとき、ほぼ20000円したので候補にすら入っていなかったのですが・・・
それどころか、一つ前の型番は販売終了直前には1万円ちょっとでしたので、安さがウリのメーカーが品質重視の国内メーカー品並みの価格というのがおかしかったのですが・・・

とはいえ、いきなりこれだけ値下げされたら、値下げ直前に購入した人はクレーム入れるレベルだよ・・・

ERB0500SA-RJPより優位な点は、
容量が5Lほど大きい。
価格が3000円以上安い。
となっています。

対してERB0500SA-RJPたいする弱点もいくつか。
メーカーのサイトにすら詳細なスペックが載っていない。
電力効率が劣る(とおもわれる)。
コンプレッサーの音が大きい(とおもわれる)。
あまり評判が芳しくない。
ぐらいでしょうか。
※(とおもわれる)と書いたのは、詳細なスペックが載っていないので、同クラスの機種と比較してこの程度だろうという推測スペックを想定しての物です。クラスおよび値段的にエレクトロラックスのERB0500SA-RJPを上回ることは確実に考えられないので・・

でもまあ、これぐらいなら十分購入を検討するに値する差でしょう。
5Lの差はフィルム本数にすると25本分相当なので、ギリギリまで詰め込まなければ行けないぐらい本数を持っている人ならもっと大きな冷蔵庫を購入するでしょうから、実質的に容量の差はないと考えてもいいでしょう。

唯一、個人的に不満があるとしたら、急に値下げしたこと。
今の値段ならおそらくERB0500SA-RJPを買わなかったかも。
何しろ、20000円じゃ検討対象にすら入れられなかったからね。
とはいえ、自分で買ったせいもあるだろうけど、ERB0500SA-RJPがデザイン的にも性能的にもかわいく思えているので、十分満足なんですけどね。

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJP補足

この冷蔵庫は容量が45Lとなっていますが、この45Lというのは中の全容積、つまり冷蔵庫のてっぺんに穴を開けて中に水を注いで一切水漏れしない時に入る水の総量が45Lとなるという意味です。
要は中の空間の容量です。
なので、45L分の食品が入る、2Lのペットボトルが22本と500mlのペットボトルが2本入る、という意味ではないので注意。

また、冷蔵庫自体、奥が狭くて手前が広い、棚板がある、凹凸がある、食品や写真フィルムがぴっちり入るわけではない等々、結構微妙な隙間が出来ますので実際に使える容量は45Lより少なくなります。

では写真フィルムが何本しまえるか。
35mmフィルムなら製氷室も利用して250本程度です。
これは、サイズの大きな単品フィルムから比較的密度の高い5本パックを含めてですので、おそらく単品なら200本、ほとんどが5本パックなら300本ぐらいは入りそうです。
※5本パックとは、フィルムケースの状態で箱に直に5本分入っている物を指します。単品フィルムを5本ビニールで巻いただけの物はここでは5本パックとして扱いません。

なので、こちらの勝手な想像ですが、冷蔵庫に入るフィルムの数は35mmなら、冷蔵庫の容量(L)×5本前後、といったところでしょう。
たとえばこれより安い海外メーカー製の40Lの冷蔵庫ならおおよそ200本、縦長の比較的大きな100Lの冷蔵庫ならおおよそ500本のフィルムが保存できると考えられます。

まあ、普通の方ならこのぐらいのサイズ(40L前後)で十分だと思われます。
一般の方は200本有っても使い切れないでしょう。
プロの方は、仕事道具ならもっと良い物を買うでしょうし。

なお、出来るだけみっちり詰め込みたい場合は、直冷式はフィルム(のパッケージ)が冷却管に直接触れないように、エアクッションなどをはさんでおいた方がよいでしょう。
エアフロータイプは有る程度のスペースを取りつつ、吹き出し口を塞がないようにしましょう。

一番大事なのは、いくら冷蔵/冷凍しようともフィルムの乳剤は徐々に劣化(自然放射線による露光も)しますので、出来れば現像期限までに使い切るのが一番です。
使い切れない場合、冷蔵なら+1年、冷凍でも+2年以内に使い切るようにしましょう。
長くても冷蔵なら+2年、冷凍でも+4年が限界でしょう。
わざと寿命切れ、かぶりなどを入れるつもりならこの限りではありませんが・・・
※常温保存の20年物のフィルムでも、感度や画質の悪化がある物のまだ使えるという結果が出ていますので、冷蔵庫に入れておけば画質の劣化を許容すればかなり持つのかもしれませんが・・・

冷蔵庫はフィルムの有効期限を無制限に延ばす物ではなく、あくまでも夏等の高温時の激しい劣化を抑えるだけです。
無くなるフィルムを買い置きするなど有る程度はやむを得ませんが、あまり買い置きなどせずに、その時点で入手可能なフィルムを購入した方が結局は良い結果になると思います。
と、わざわざ冷蔵庫を購入した人が言うのも何ですが・・・

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJPが届いたのでレビュー?

無事に届きました。
ヨドバシのポイントがあったのでヨドバシで購入しましたが、この冷蔵庫はなぜか業者が持ってきて設置するという扱いになっています。(おそらく他店なら持ってくるだけだと思いますが・・・)
まあ、普通に箱だけ持って行って貰って、玄関に置いてと言えば玄関に置いて行ってくれます。
とはいえ、ヤマト運輸の人3人と、専門業者の人一人という4人体制でやってきました・・・
恐らくは、もっと大型の冷蔵庫などを運ぶためのチームで、他の場所への配送もあるのでしょうけど。
その後、場所を空けて、そこに自ら運んで設置しました。

小型冷蔵庫としては可も無く不可も無く。
他社の同クラスに比べると静音設計になっております。
が、冷蔵開始時のコンプレッサーの音はどうしても出ます。
エアコンや外の騒音の方が大きいとは思いますが、周期的な音のため気になる人は気になるかもしれません。

庫内は、後ろの下側にコンプレッサーが有るので、そこの部分が内側で出ているという、このクラスとしては典型的な形状です。
それと、冷媒が通る冷凍機能のあるブロックですが、ちゃんと蓋が付いているのね。
とは言っても、簡易的な物なので隙間は大きめですが。
それに、冷凍機能と言っても本来であれば上から冷気を流すべき所を、このクラスとしては一般的な下から冷やす形状のため、冷凍機能はあまり使い物にならないと思った方が良さそうです。
なお、この冷凍用の付属物として、製氷トレーと霜取り用トレーが付属してきます。
霜取り用トレーは冷蔵庫にきちんと嵌まるように冷蔵庫庫内に凹みが付けられています。
支障が無ければ設置したまま使っても良いでしょう。

冷蔵機能は、特に問題はありません。
このクラスとしては普通すぎて特に言うことが無いレベルです。
直冷式なので大型冷蔵庫のように一気に冷やすことは出来ませんが、ゆっくり冷やすなら全く問題はありません。

と言う事で、このクラスの冷蔵庫としては普通の冷蔵庫です。
あえて言えば、他社の同クラスと比べて静音性が高いのと、省エネがトップなので、数年使えばこのクラスで最も安い冷蔵庫とのコストが完全に逆転します。
それと、デザインがそれなりのホテルに置かれていても違和感の無いデザインで、いかにも冷蔵庫というデザインで無いため、寝室に置いておいても違和感が無いのがいいですね。
とはいえ、冷蔵庫は冷蔵庫なのですが・・・

これで、フィルムを入れて長期保存できそうです。
とはいえ、冷凍庫のように超長期保存は無理なので、できる限り現像期限を守るのが吉ですが、数年程度オーバーしても大丈夫でしょう。
なお、あまり長くなるとフィルム自体は問題なくても自然放射線で勝手に露光してしまいますので、注意が必要です。

また、フィルムが壊滅的になったら、只の冷蔵庫としても利用できますので、買っておいて損は無いです。

なお、輸送されてきた直後に電源を入れるのはやめましょう。
コンプレッサー内の冷却剤が変なところに偏っていたりして、うまく冷却できないばかりか、故障の原因になります。
最低でも5分、出来たら1時間程度は安静にした後に電源を入れてください。

また、いきなりパワーを強にしないで下さい。
最初は最も弱くしておき、冷え始めたら希望の強さにして下さい。
まあ、最近の冷蔵庫はあまり問題ないかもしれませんし、このクラスは単純にON/OFFの制御しか無いので効果は無いかもしれませんが、最初の儀式と思ってやっておいた方がいいと思います。
最悪でも、効果が無いだけで悪いことはありませんので。

非常に良い機種なのですが、あまり売れている機種では無いようですので、ここに記録を残しておきますので、購入を考えている人は参考になるようであれば参考にして下さい。
なお、商品そのものは中国製です。

エレクトロラックス製冷蔵庫、ERB0500SA-RJPを注文しました

届くのは来週です。
選んだ理由は、エレクトロラックスは日本では有名ではありませんが、ヨーロッパではかなり有名な老舗家電メーカーですので、問題ないだろうという判断。
また、同クラスの国内メーカーより圧倒的に安く、また同クラスのハイアールより大幅に省エネという、ちょうどいい感じのスペックでした。
容量は45lとなっているので、まあフィルム保存にはちょうどいいかなという感じです。
とはいえ直冷式ですので、年に数回の霜取りは必須ですが。

届いたら調子を見て、報告します。

ブログのPing先が減った

なんて言うか、時代が変わったなという感じ。
最盛期には猫も杓子もブログで、Pingサイトも10や20じゃすまないほど有ったのにね。
システムに登録していたの確認しながら整理したら、残ったのは10個しか無かったよ。
それでもまだ10個有ると考えるか・・・
消えたサイトはサービス自体をやめたり、サイト自体が消滅したり、ドメインパーキング(乗っ取りとも言う)に取られたり。
悲しいですね。

残った10個も何時消えるのやら。
それより、この10個も本当に動いているのかは不明という状態ですしね。

そのうちブログは細々と生き残るだけになるのでしょうね。
コレも時代の移り変わりとは言え、悲しいですね。
まあ、大昔はパソコン通信のBBS代わりの掲示板や簡易なチャットが流行っていましたけど、今はあまり見ませんしね。
今はツイッターやフェイスブックなどの動的なサイトが最盛期ですけど、コレもどうなるのやら・・・

ページ移動

profile

contents

links

archive