記事一覧

トップ > フィギュア > レビュー > と、言う事で、藤原妹紅をキャストオフした

と、言う事で、藤原妹紅をキャストオフした

マイナスドライバーとカッターを使って、根気よく脱がしてやって下さい。

詳しくは書きませんが、一応説明させていただくと以下の通りです。
ズボンは両脇に分割線があります。
そのズボンは前後で凹凸を作ってあり、そこを合わせた状態でボンド止めしてありますので、凸ごとカッターで切り取るか、ドライバーで無理矢理剥がすしかないです。
自分は、カッターで切りました。

キャストオフの際は長い銀髪が邪魔になります。
首根っこ押さえつけて、頭をグリグリすると、頭部のボンド付けが弱いので、髪の毛が取れます。
付ける時は、押し込んで、グリグリしながら位置を調整して下さい。
うまく合わさらないと、後頭部に穴が見えます。

ズボンのサスペンダーは、後ろの方4カ所でボンド付けされています。
これも、うまく外して下さい。
うまくすれば、ボンド付けが弱くて剥がれやすいか、既に剥がれているかもしれません。

札を持っている方の腕は、比較的容易に引き抜けます。
ただし、抜けないからと言って無理に抜こうとすると、壊れる可能性があるので、無理はしないように。
※髪もそうです。

ズボンは、きちんと内側も塗装済みでした。
ですので、シャツ、パンツ、足、ズボンに入れた手に色が付いている場合があります。
付いていた場合は諦めるか、消しゴムでこすって落として下さい。
足の方は、肌色成形なのでかなりこすっても平気です。
パンツの塗装はやや厚めですが、それでもこすりすぎると塗装が剥げて肌色が見えてきます。
シャツは、かなり塗装が薄く、容易に下地が見えますので、諦めた方が無難です。
自分は、地色の白が見えてしまった・・・

で、パンツの方ですが、意外にしっかり作られています。
写真で見るとシャツの中までパンツが有るように見えますが、実は途中に塗り分けのための線があります。
ですので、当初は何かを考慮していた可能性もあります。
まあ、実際はガレージキットの原型を使ったので、そのせいで残っただけなんでしょうが。

↓パンツの部分を拡大した写真
ファイル 8-1.jpg
ラインが確認できる。

↓ペイントソフトで無理矢理塗り分けてみた
ファイル 8-2.jpg
ズボン履かせれば見えないんですけどね。

藤原妹紅のキャストオフのレビューは以下から。
http://lzx.jp/ht/touhou/mokou_castoff.html